--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/06 (Wed) 熊本産「でこぽん」について

200802_001.jpg

デコポン園地デコポン園地

【デコポンの生い立ち】
デコポンは「ポンカン」を父、「清見」を母として生まれた柑橘です。
樹勢や生育状況によってデコの出るものと出ないものがありますが味は変わりません。
甘く、ほとんど種子もなく、袋ごと食べられます。ビタミン、食物繊維質の宝庫です。収獲直後は酸味が強くて食べられないため、数週間から1ヶ月程度蔵などで寝かせながら酸切りする余措(よそ)という工程を経てから出荷となります。そのため、外皮が他の柑橘に比べてしなやかにしわっぽくなる性質がありますが、果実本来の味や品質は失っていません。

【デコポンの生育】
デコポンは果実が大きく成長して非常に重くなるので、樹の枝に負担がかかってしまいます。そのため、1個1個をひもでつるして枝に負担がかからないようにして大切に育てます。

【参考】
熊本県内では地中に空気を送り込み、根の活性化を促進して細根を樹勢、収量、品質向上を図る「下層土自然通気システム」が普及してきています。ハウスの外の一方に空気の吸入口、もう一方に排気口を設置。その間、深さ20cmほとのところに穴あきの塩化ビニールパイプを埋設する。排気口のファンが風で回ると空気が流れる仕組み。このシステムは熊本県農業研究センター果樹研究所が開発したもの。温州ミカンで行った試験では、パイプ周囲の根は酸素消費量が多く、糖度は比較的高く、着色も良い。JA熊本うき管内、不知火町のデコポン団地では、3連棟ハウスすべてに設置しています。(日本農業新聞九州より)

【発祥の地】
県内の不知火町はデコポンの発祥地として知られています。不知火町の不知火温泉センター敷地内に「デコポン発祥の地」の記念碑が平成13年6月23日完成。記念碑は、御影石製で、高さ2.6メートル、縦・横1.8メートル。この記念碑はデコポンに対する感謝の気持ちと、デコポン発祥の地として名を残し、新たな産地の躍進を目指すために建設がおこなわれました。
剪定作業剪定作業

200802_004.jpg

JA芦北松岡裕治里美ご夫妻JA芦北松岡裕治里美ご夫妻

スポンサーサイト

銀座夢百貨からのお知らせ |


| TOP |

カテゴリー

プロフィール

インターネットショップ銀座夢百貨

Author:インターネットショップ銀座夢百貨
安全・安心でおいしいものを届けたい。確かな品質、ご贈答に最適。青森特産の活ホタテ・活しじみ・青森りんご・青森シャモロック・黒にんにくなどのネット通販。産地直送【インターネットショップ・銀座夢百貨】

月別アーカイブ

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

QRコード

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。